第38回 anego様

私とキモノ

出会いは、6年前、ある人からのプレゼントだった。

キモノを置物にしたくなくて、自ら着付けたいと思い、教室に通うようになった。

当初は、着付けの技術を身につけることに必死で楽しめなかった。

ようやく、カタチになるようになり、楽しめるようになった。

とにかく、気持ちが華やぐ、気持ちの高揚がたまらなくなった。

以来、和のお稽古はしていないが、事あるたびに、キモノを着用するようになった。

前の記事:第37回 登夢様

次の記事:第39回 あずさ様


きもの何でもQ&A

こんな加工は可能か?、価格はいくらか?、申込み方法は?など、疑問は迷わず相談下さい。担当者が丁寧にお答えいたします。相談料は頂いておりません。

受付:24時間。返信は、営業日となります。

お名前

メールアドレス

相談内容


お支払い方法について | 送料について | 返品について | 特定商取引法にかかる表示 | 個人情報保護ポリシー

当ホームページに掲載されている全ての情報は、株式会社丸富が著作権を有しております。無断で引用・転載することを禁じます。