第26回 かなこ様

 七五三のきものは母の仕立てたウールであった。なぜかと聞くと、姉の三歳のお祝いに着たきものは出来合いのものであったが、表地が正絹であったため、「子供は汚すから」という理由ですぐに脱がされたという。そのきものは、姉の三歳の写真でしかみたことがない。

 姪がうまれた。大きく育った姪は、今年三歳のお祝いをする予定。姪には、羊の加賀紋をいれた被布を仕立てるつもりでいる。

 ある年の夏、仕立てあがったばかりの帯をしめて出かけた。その日、思い切り汚した。次の日、泣きながらお手入れを頼んだのは言うまでもない。しみ抜きでは助からなかったが、なんとか再生してくれた。汚すのはこどもだけではない。着ていれば程度の差はあれ、汚れるのは当然である。今年もあの帯の季節がやってきた。

 さあ、今年はどこへ出かけようか。

前の記事:第25回 玉青様

次の記事:第27回 ちえ様


きもの何でもQ&A

こんな加工は可能か?、価格はいくらか?、申込み方法は?など、疑問は迷わず相談下さい。担当者が丁寧にお答えいたします。相談料は頂いておりません。

受付:24時間。返信は、営業日となります。

お名前

メールアドレス

相談内容


お支払い方法について | 送料について | 返品について | 特定商取引法にかかる表示 | 個人情報保護ポリシー

当ホームページに掲載されている全ての情報は、株式会社丸富が著作権を有しております。無断で引用・転載することを禁じます。